2009年08月09日

iTunesライブラリを3台のMacで共有する方法

我が家のMacは、ボクの2台と奥さんの1台と合計3台になりました。
難しいのはデータの共有です。
まずはiTunesのデータについて考えました。

今奥さんが使っているMacbookにiTunesのデータが入っていますので、これをどこに移すかが問題になります。
我が家にはiPhone 3GとiPod Touch、iPod nanoもありますので、どのMacを母艦としてこれらのデバイスとデータを共有するかも重要です。
iPhone 3Gは毎日欠かさず使っているので、iTunesのデータ管理については早く整理する必要がありました。

最初はそれぞれのMacで同じライブラリを共有できた方が良いと思いました。
そこで、NAS上でデータを管理することとし、NASにライブラリやデータを移しました。
まずは、iTunesの環境設定>詳細で、”iTunes Music”フォルダの場所をNAS上に変更します。
この時、ライブラリの追加時にファイルを”iTunes Music”フォルダにコピーする、にチェックを入れておきます。
その後、ファイル>ライブラリ>ライブラリを統合、とするとファイルがNAS側にコピーされます。
それから、ホーム>ミュージック>iTunesに保存されている
・iTunes Library
・iTunes Library Extras.itdb
・iTunes Library Genius.itdb
・iTunes Music Library.xml
・Album Artwork
のファイルをNAS上にコピーします。
これでoptionを押しながらiTunesを起動するとライブラリの選択画面が出ますので、NAS上のライブラリを選択することでNAS上のデータでiTunesが起動できます。

今はこの状態になってます。
ただ、iPod Touchは奥さん用、iPod
nanoはカーステレオとして使っていますが、Macとデバイスのシンクはボクしかしないですし、iPod TouchやiPod
nanoに同じ音楽データが同期されているので、奥さんが音楽を聴くときはそれらを使えば良いので、NASからボクのMacbook
Proに再度データを移そうかなと思っています。
現状の運用では、その方がMacbook ProとTime
Machineを経由してNASへと2ヶ所にデータが保存されることになるので、セキュリティ上安心かなと思っています。
その際は、上記の手順をもう一度踏めば良いですね。


BUFFALO ネットワーク対応HDD LinkStation 1.0TB LS-CH1.0TL

BUFFALO ネットワーク対応HDD LinkStation 1.0TB LS-CH1.0TL

  • 出版社/メーカー: バッファロー
  • メディア: エレクトロニクス




posted by イクマカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

デジタルフォトフレームを買いました

デジタルフォトフレームを買ってみました。
買ったのは、ドリームメーカーのDMF070W43という機種です。


★ドリームメーカー DMF070W43 ホワイト デジタルフォトフレーム


家族の写真が増えてきたので、デジタルフォトフレームが良いかなと思っていました。
電気代が気になっていたのですが、意外とかからないようなので購入しました。
画面の大きさは7インチですが、解像度は800×600なので写真はきれいに見えます。
カレンダーや時計の機能もあるので、いろいろと便利に使えそうです。
早速、写真をチョイスしないとな〜。
posted by イクマカ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

アロマポットを買いました

アロマポットを買いました。

アロマポット

アロマっていろいろな効果があるんですよね。
癒されたり、気分転換になったり。
匂いの力も活用して、充実した毎日を送りたいと思います。


加湿も出来る超音波式♪アロマディフューザー!
posted by イクマカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

iMovieでのデジタルビデオカメラで撮影したAVCHDファイルのバックアップ方法

僕が今回Macbook Proに買い替えた理由の1つは、デジタルビデオカメラで撮影した映像の編集をするためです。
我が家のデジタルビデオカメラはCanonのiVIS HF10でHD撮影ができるのですが、持っていたMacbookでは編集が少しもっさりとしていました。
息子が生まれ、ビデオ撮影の機会も増えたので、ストレス少なく編集するためにMacbook Proを買い増し、苦労して!?メモリの増設も行いました。

さて、ビデオ編集の準備は整ったわけですが、既にビデオカメラの中にはたくさんの映像があります。
すぐに全部は編集できないので、とりあえずこの映像をバックアップしたいと思いました。
今はこのビデオカメラの中にしかファイルがない状況なので、万が一消えてしまったら一大事です。
また今後ビデオファイルを編集するにしても、元ファイルもできるだけ保存しておきたい。

iVIS HF10にはWindows用のファイル取り込みソフトがついています。
Windowsで試してみると、日にちごとのフォルダと共にファイルが取り込まれました。
ただビデオの編集はiMovieで行いたいので、Macで扱える形式でファイルを保存したい。
少し調べて試してみましたが、カメラアーカイブでファイルを保存するのが一番良さそうでした。

ビデオカメラをつないだ状態でiMovieを起動し、ファイルの一覧が表示されたところで「すべてをアーカイブ」を選ぶとビデオカメラ内のファイルがそのまま保存されます。
このファイルを編集したい時は、ファイル>読み込み>カメラアーカイブで保存したアーカイブを選択すれば、そのままファイルが復元されます。
これでファイルはバックアップでき、いつでもMacで編集できる状況になりました。
あとは時間を見つけて、頑張って編集したいと思います。


iLife '09

iLife '09

  • 出版社/メーカー: アップルコンピュータ
  • メディア: DVD-ROM




Canon ハイビジョンデジタルビデオカメラ iVIS HF S11

Canon ハイビジョンデジタルビデオカメラ iVIS HF S11

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: エレクトロニクス






posted by イクマカ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

トマトの冷製パスタ

昨日は久々に料理をしました。
初の冷製パスタに挑戦。
備忘でレシピをメモしておきます(2人分)。

・オリーブオイル(大2)をしき、みじん切りにしたにんにく(2片)を炒める。
・色味がついたところで、みじん切りにしたタマネギ(1/4個)を入れ炒める。
・タマネギがきつね色になったところで、刻んだ唐辛子(1つ)、ケチャップ(大1と1/2)、ブラックペッパー、コンソメ(小1)、水(大2)を入れ、軽く火を通す。
・上記のソースを氷水で冷やし、レモン汁(大1/2)、しょうゆ(大1/4)、塩を入れ混ぜ、最後に1cm角に切ったトマト(1つ)を入れる。
・上記を冷蔵庫で冷やす。
・細めのパスタを茹で、氷水でパスタを冷やし、皿に盛る。
・パスタの上に、冷やしたソース、大葉、生ハムを乗せて完成。

トマトの冷製パスタ

とりあえず、奥さんは美味しいと食べてくれたので良かった。
posted by イクマカ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。