2010年01月05日

パパと子ども

最近いろいろな方のブログを拝見していて、お子さんが生まれたという記事をいくつか拝見しました。
本当におめでとうございます!

中には、小さくてかわいい、という感じはするけれど、まだめっちゃかわいいとは思えない、という方もおられました。
男は、自分の命をかけて産んでいないし、自分の体を削っておっぱいをあげてもいないので、何だか突然現れた赤ちゃんを前に実感が沸きづらいこともあるでしょうね。

でも、子どもとたくさん向き合って、接していくことで、たまらなく愛おしくかわいくなっていくものです。
他人でもずっと接していれば情がわくかもしれませんが、自分の子どもとたくさん向き合っていると、間違いなく自分の子どもだという気持ちがなぜか沸いてきますし、接している時間を積み重ねるごとに、愛情が深まっていきます。

是非、赤ちゃんのうちから、育児にたくさん関わってください。一度タイミングを逃すと、関わりづらくなってしまうと思いますので。
大変かもしれませんが、きっと何百倍もの喜びになって返ってくると思います。(ボクもたかだか1年ちょっとだけの経験ですが・・・)

うちもそろそろ二人目を考えますね〜。でも、何だかうちの息子のようなのがもう一人自分の子どもとして存在している状況が想像できないですね〜。不思議な感じ。
posted by イクマカ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137499834
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。