2010年02月02日

iPadの可能性を想像する

AppleからiPadが発表されましたね。
ネット上でも賛否いろいろな意見が出てます。

ボクも最初に見たときは、いまいちピンとこない感じがしました。

画面の大きなiPhone or iPod touch。
ボクにはMacもあるしiPhoneもある。
家ではMac・外出先ではiPhoneやMacbook Air。
iPadはどういう場面で使うんだろう。

でもこの「画面の大きな」というのは単に画面が大きいという以上の意味を持つことに気付いて、やっぱりワクワクしてきました。

MacもiPhoneもパーソナルなデバイス。
基本的には一人で使うものです。

でも画面が大きい=みんなで使える・家族で使える、というのはMacにもiPhoneにも無いiPadだけの特徴です。
これがiPadの価値なんですよね。

食卓の真ん中に置いて家族で旅行の計画をたてる、旅行に行った写真やムービーをみんなで見る。イメージが出来てくると、やっぱり絶対に欲しい。
これでレシピを見ながら料理をするのも良いし、これがカーナビになったら便利だ。

そしてもう一つのポイントはアプリですよね。
iPhoneも最初からすごいデバイスだったけど、アプリが充実している今と発売当初では全く別物です。
iPadもiPadならではのアプリが出てきたら、今想像しているよりもはるかに楽しくて有用なデバイスになるでしょうね。
posted by イクマカ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。