2011年05月13日

DIGA+PS3で快適プロジェクター生活

我が家は3階建てですが、3階にはプロジェクターがついています。
プロジェクターには、AppleTVとPS3+torneがつながっていて、AppleTVで映画や写真を見る、torneでTVを見る、PS3でゲームをする、というようになってます。

1000000457.jpg

1階のリビングにあるテレビにはBDレコーダーがつながっていて、ドラマや映画・息子の大好きなアンパンマンを録画して見ています。
でも、たまにBDレコーダーで録った番組もプロジェクターで見れると良いなと思い、1階にあるBDレコーダーで録画したものを3階のプロジェクターでも見れるようにしています。

うちのBDレコーダーはDIGAですが、DNLAサーバー機能がついていますので、DNLAのクライアントになれるPS3があればDIGAで録画した番組をネットワーク経由で見ることができます。
単にDIGA・PS3をネットワークに接続し、簡単な設定をするだけです。
DIGAの電源が切れていても、PS3からDIGAへアクセスすれば自動的に電源をONにすることができます。(ただスタンバイ状態となり通常より電気代がかかるようです。)
PS3からアクセスすると、DIGAで見るように番組ごとにはまとまって表示されないのが若干使いづらいのですが、それほど頻繁にプロジェクターから見るわけではないので、大きな問題はありません。

プロジェクターというと小学校にあったようなものをイメージしていて、画質は悪いんだろうなぁと思っていたのですが、最近のプロジェクターは安いものでもくっきりきれいに見えますね。

うちの息子くんは僕が3階にいると(簡単な書斎も兼ねているので)、すぐに3階に来て暴れ出します。
そして、プロジェクターでアンパンマンが見たいとおねだりするのです。
そんなときはPS3経由でDIGAにアクセスし、アンパンマンを見ます。見ている間も2人で会話をしますが、座っててはいてくれるので助かってます。

posted by イクマカ at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。