2011年05月14日

iPadが開く新しい世代

前にも少し書きましたが、うちの息子くんは1歳半からiPadを使いこなしています。
個々のアプリの使い方をきちんと教えたことはないのですが、じっと僕が使う様子を見ていてまねをしてみます。
息子くんの様子をみていて、iPhone・iPadのUIの素晴らしさに改めて感心します。
息子くんはひとつのアプリで覚えたことは、他のアプリでも同じようなアイコンや表示があれば同じことをしてみます。
大概はそれで他のアプリも使えるようになります。
ここを押せば次の画面へいく、ここを押せば一覧の表示になる、そしてよくわからなくなったらホームボタンを押して最初に戻ってみる。
こういったデバイスに慣れていない大人よりうまく使っています。

iPadを渡してほっておくのはよくないですが、一緒に動画をみて言葉を勉強したり、お絵かきや絵本のアプリを楽しんだりしています。
自主的に自分がやりたいことを選択しているのも、単に与えたものを見るより良いのかと思います。
こうして、新しい世代の人間が育っていくんだなと感じています。


iPad 3G and iPad Wi-Fi / Yutaka Tsutano


ただ、ひとつ困っているのは昼間はiPad触らせてもらえないんですよね・・・
息子くんは、iPadは自分のものだと思ってるみたいです。
確かにパパ・ママのiPhoneをいじりたがるので、君のはこの大きいのだよ、っていいましたよ。
でも、iPadを使うことで、パパもいろいろな可能性が広がるんだよ・・・
iPad2が欲しいというより(欲しいけど)、iPadがもう1台欲しい。でも、ipad3まで我慢した方が良いよな・・・
posted by イクマカ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

雑誌VERYのオススメ絵本とTap2Ever

今月号の雑誌VERYに堂珍敦子さんがおススメする絵本という記事がありました。(奥さんのVERYをなにげによくみてます・・・)

子どもの年齢別にいくつかオススメがあったのですが、1〜2歳向けではこんな絵本をオススメされておりました。

「はらぺこあおむし」
はらぺこあおむし (偕成社・ボードブック) [ボードブック] / エリック カール (著); Eric Carle (原著); もり ひさし (翻訳); 偕成社 (刊)

「うずらちゃんのかくれんぼ」
うずらちゃんのかくれんぼ

「6つの色」
6つの色―色彩えほん〈2〉 (こどもの色彩感覚を育てる絵本シリーズ) [単行本] / とだ こうしろう (著); 戸田デザイン研究室 (刊)

「ちびゴリラのちびちび」
ちびゴリラのちびちび [−] / ルース・ボーンスタイン (著); いわた みみ (翻訳); ほるぷ出版 (刊)

うずらちゃんのかくれんぼは我が家にもあります。うちの息子くんもかくれんぼしているうずらちゃんをすごい勢いで見つけています。

ちなみに、こういう情報はEvernoteに全て集約するようにしています。
Evernoteは最初のうちは何に使っていけば良いのかわからないかもしれませんが、すべての情報をEvernoteに入れるようにすると、何かの情報を探すときに、Evernoteを見ればあるはず→あった!→新しい情報はEvernoteに入れておこう、とよい循環になって、Evernoteが自分にとって欠かせないものになるはずです。

このような雑誌の記事などは、iPhoneのTap2EverというアプリのFree版を使って、写真に撮ってEvernoteに送り込みます。
起動も速く、簡単なステップでEvernoteに保管できますのでおススメです。
posted by イクマカ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

Daily Deedsを使えばゴミ出しを忘れない

ゴミ出しの日って、ついつい忘れがちですよね。
家を出てゴミ置き場を通りかかったときにゴミ出しを忘れたと気付いた時の絶望感。
たまらないものがあります。
そこで、僕はiPhoneアプリのDaily Deedsを使って、ゴミ出しを忘れないようにしています。

Daily Deedsは、タスク管理のアプリです。
特に日々のルーチンワークを管理することに特化しています。
僕は仕事にはNozbeという有料のタスク管理サービスを使っていますが、毎日やるべきちょっとしたタスクの管理にはDaily Deedsの方が向いています。

1000000455.png

こんな感じで、タスクが一覧になっており、そのタスクが完了したら丸いところをタッチするだけです。
日によってゴミの種類が違うと思いますが、それを別々のタスクにしてしまうと毎日未実施のタスクが多くなってしまうので、一つのタスクにまとめています。
この写真ゴミ出しのタスクなんですが、僕以外はよくわからないですよね・・・
一応、何曜日に何のゴミなのかを書いています・・・

でもゴミ出しって、第2○曜日なんていうのがあって、今日が何週目かよくわからなくなってしまいがち。
そんなあなたのために、矢印の部分をタッチすると、こんなふうにカレンダーの一覧が出て、今日が第何○曜日なのかすぐにわかります!

1000000456.png

もちろん、ルーチンタスクの管理に役立つアプリですので、おすすめです。
posted by イクマカ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

iPadの可能性

1年弱ブログを書いていませんでしたが、その間のApple関連の大きなトピックのひとつはiPadの発売でしょう。
もちろん、発売日には並んで買いにいきました。
iPadは購入できる店舗が限られていて、購入もちょっと大変だったことを思い出してきました。
(iPhone4の時はもっと大変だったかな・・・)

その間の我が家の大きなトピックのひとつは娘が産まれたことでしょう。
そして、上の息子君も2歳になりました。

その息子君、iPadでYoutubeをよく見ています。

しかも、一人で好きな動画を選んで見ています。
アイコンの中からYoutubeを探し出しタッチ。フリックして動画を選び、プレイボタンを上手にタッチしてスタート。
間違えたページに飛んでしまえば、ホームボタンを押して、最初に戻る。

特に教えたわけではないのですが、パパがやっているのをじっと見ていたのでしょう。
ほとんど自分一人で操作できます。
iPhoneでも同じようにYoutubeを一人で見ています。

息子君はすごいなぁという親バカの感想もありつつ、このAppleの作るUIのわかりやすさに改めて感嘆します。
何の前提知識も持たない2歳の子どもが簡単に目的を達成できるのです。
これを見て、これからのiPadにはますます大きな可能性があるなぁと思いました。

youtube_rotator_p_20100225.jpg

我が家では昼間の間は息子君の動画ビューワーとなっています。
マルチメディアビューワーとしては本当に便利で、YoutubeだけでなくAir Videoを使ってNASにある動画を見たりRemoteでApple TVのリモコンになったりと、活躍してくれます。

一方で、仕事効率化を図るためのツールもここにきて俄然充実してきたように思います。
iPad専用のアプリは価格が若干高かったりもしますが、見た目が美しく使い心地が良いアプリも多いです。
Macに向かうことなく、Mac以上の快適さを得られるサービスも増えてきました。
2年目の今年、iPadからはますます目が離せないと思っています。

posted by イクマカ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。